FC2ブログ


タイトル画像

下呂温泉「水明館」

2007.08.19(23:30) 247



























2007年6月22日 岐阜県下呂温泉「水明館」
SAM
子供の頃から何回来たか分からないくらいおなじみの下呂水明館である。親父も、祖父も水明館が好きだった。思い起こすと、帰って来る度に、下呂は「湯が良い」と言ってたものだ。親父の頃は源泉も豊富で本当に良い湯だったんだろうな。

ROKO
で、最近はどうなの?

SAM
数年前までは、すごく湯が薄いって感じで、「下呂も終わったわ」と感じてたけど、このところだいぶ戻ってきたような気がする。白骨のあの事件以来、湯質にこだわる傾向が強くなった為だろう。それと新温泉表示のせいもあるかな。僕らにとってはいい傾向だぜ。

ROKO
臨泉閣も昔は「立派ねー」と思ったけど、今ではさすがに古さを感じるわね。部屋は広く掃除も行き届いてるけど、やっぱり年期を感じさせ、窓のサッシも学校みたいで味気が無いわ。

SAM
お風呂は檜の長方形湯船に温泉が給湯されている。これは花丸!湯質も濃く文句なしだ。ただ熱いので、水が必要なのが難点だ。自分で温泉を薄める行為をするのは情けない。

ROKO
食事はもちろん部屋食。

スポンサーサイト



温泉大好き!旅館ランキング!



タイトル画像

新穂高温泉「槍見館」

2007.08.11(00:00) 248
























2007年6月2日 岐阜県新穂高温泉「槍見館」
SAM
いい湯につかりたい。心底そう思ってやって来たのが、奥飛騨温泉郷の中でも最奥の位置する新穂高温泉にある「槍見館」である。なんといつの間にか道路が整備され、新しいトンネルも完成していたため、今ままでと景色が変わり通り過ぎてしまったぜ。バックバックと・・。

ROKO
玄関に続く道がステキよね!。石畳をサワサワと揺れる細めの木々が囲み、山野草が花を付けて私たちを迎えてくれるって感じ。建物の中に入ると最初に目に飛び込んでくるのが、たたきのロビーの真ん中に鎮座する水槽ね。すごい存在感。ジュースやビールが天然水で冷やしてあるけどもちろん有料。

SAM
今回泊まった部屋はロビーから一番近い暖簾をくぐってすぐのところのバリアフリーの部屋だ。狭めの座敷にベットルームが付きそれにやはり狭めながらリビングがあるといった構成だ。なんか落ち着かないと感じるのは、座敷以外はスリッパが必要なんでかな。ちょっと面倒だぜ。はだしでぺたぺた歩きたいな。俺は。

ROKO
部屋のお風呂は、檜製の内風呂に源泉が給湯されている。蛇口から贅沢に温泉が出てくるってのはホントにうれしいわね。
ただ、温泉給湯されてるのはバリアフリーのこの部屋だけみたい。なぜなら露天風呂まではすごい階段で超遠いし、足の不自由な人にはとてもたどり着けないものね。そのため部屋の風呂が温泉になってるって訳ね。

貸切風呂は渓流の湯、 幡隆の湯、森の湯、ほたるの湯 、離れの湯と5箇所もあって、森の湯はブランコや滑り台があり子供連れには最適ね。川沿いの露天風呂は質感、景色、泉質とどれをとっても最高ランクね。レベルが高いわ。

SAM
大浴場内風呂は男風呂「ごての湯」と女風呂「 かかの湯」とも檜作りで窓面が広く開放感がある。誰もいなかったので窓を全部開けてやった。開放的な半露天になり、位置も高いところにあるので槍ヶ岳が良く見え、また檜の湯船の質感が肌に優しく、ここも最高だったぜ。

まだまだあるぞ。 混浴の「槍見の湯」「 まんてんの湯」女性専用の「 岩見の湯」と露天風呂が3つもある。本当に川原にあるみたいなロケーションで釣り人から丸見えである。と言う事は逆にこちらからの景観も素晴らしいということだな。

ROKO
夕食は部屋食。奥飛騨らしい地の食材を使った質素ながらおいしい料理ね。山菜が中心の先付けから始まり、いわな、牛刺し等のお造り、きのこの土瓶蒸し、岩魚の塩焼き、山菜のてんぷら、飛騨牛の朴葉味噌焼き、きのこ汁と、飛騨の食材をおいしく食べさせてくれたわ。てんぷらの衣がちょっと厚すぎたのが残念ね。

SAM
翌朝、餅つきがロビーで実演され、僕も下手ながらつかせてもらった。出来立てをいただいたがおいしかったね。
 
何回入ったか分からんほど風呂に入った。イー湯に入りたいならここ。その選択は間違いなかった。

温泉大好き!旅館ランキング!



タイトル画像

昼神温泉「石苔亭いしだ」

2007.08.09(22:54) 249


























2007年4月29日 長野県昼神温泉「石苔亭いしだ」

上の写真は大浴場。
部屋の風呂は檜ではあるが狭く閉鎖的でなおかつ温泉給湯でない。



SAM
2005年の万博で完成した高速道路「東海環状道」のおかげで昼神温泉はずいぶん近くになったな。

ROKO
ソレがダメなのよ。近いって事だけで値段の設定も高いし、客が来易いことで切磋琢磨しておいしい料理を出そうとする努力もしなくてもいいように私には感じられるわ。

SAM
さて、その昼神の中でも旗艦旅館といわれる「石苔亭いしだ」である。確かに宿泊料金は相場から言うと高い(昼神全体の相場も高め設定だ)が、それなりの価値があるのか楽しみでもある。

ROKO
ロビーの中央に能舞台があり、周りを囲むように置かれたテーブルでウエルカムドリンクを戴く。選択が出来、私はハーブティーを、ダーリンはシャンパンをセレクト。ちょっと前に来た母は、隣の客がお抹茶戴いていたのでチョイスすると、あの方は常連様ですからと言われ、出してもらえなかったそうよ。それで「いしだなんかダメ。行く価値無い」などと皆に吹聴してたわ。そんな些細な事で客を無くしているなんてバカね。お抹茶くらい言われたとおり出せばいいのに。

SAM
部屋は131号室 松風。
部屋の感じは広くて綺麗で庭に面していてまずまず上品な和室である。
しかし、部屋の風呂はイマイチだ。先ず温泉が給湯されていない。高い特別室のみ温泉らしい。そして湯船は小さな箱形の檜で、やや閉塞感を感じる内湯である。今回は湯も入れなかった。その代わり貸切風呂が近くにあり、いつも空いていたのでここを部屋の風呂のように使った。大浴場はさほど広くない。中央の岩より湯が噴き出していたけど、源泉掛け流しじゃないようだ。しかしさすがに昼神の湯だ。アルカリの高い「ぬるぬる感の強い」湯質でまことに気持ちが良い。やっぱ昼神の湯は最高だよ。湯上がりの演出も上手である。ゆったりと本が読めたり、飲み物がいただけたり出来る。

ROKO
さぁ夕食にしましょう。熱燗が風呂桶に使っている演出が面白いわ。
品数は少なめなんだけ一品一品に手がかけてある。まぁおいしいわね。
焼き物と揚げ物ってあったかしら。割と軽めって感じね。あなた足りないでしょ?。

SAM

ボクだって宴会料理みたいに品数さえ並べばいい、なんて思ってないさ。だけど物足らなさは有ったね。味は昼神の中ではおいしいんじゃないかな。

ROKO
湯も良く、味良く、近くて、私は満足したわよ。特にチェックアウトが午後1時と言うのが高得点ね。でもこの宿泊料からすると、コストパフォーマンスはやや悪しってとこかしら。

温泉大好き!旅館ランキング!



2007年08月
  1. 下呂温泉「水明館」(08/19)
  2. 新穂高温泉「槍見館」(08/11)
  3. 昼神温泉「石苔亭いしだ」(08/09)