FC2ブログ


タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉大好き!旅館ランキング!



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

石苔亭・いしだ

2008.01.13(19:45) 157

昼神温泉「石苔亭・いしだ」
                                              2008年1月12日宿泊
                                         

けっこう気分を害しました!。今まで数々の旅館に泊まったけどこれはNGでしょ!・・・



いしだは、名古屋から最も早くいける昼神温泉の中はで一番高級ないわゆるフラッグシップの旅館です。
宿泊代も1人4~50000円くらいの温泉付きの部屋を売りにしているし、ロビーに能舞台を作ったり、チェックアウトを13時にしたりとなかなか頑張っている旅館との認識でありました。
特にこのチェックアウト13時というのは三ツ星を上げて誉めてあげたいくらい素晴らしい事です。

前回の宿泊ではたいへん満足し、そして今回のリピートとなったのでした。

もう一度言いますが  前回はすッごく満足したのに ・・・ですから。
それとボク等がヘビークレイマーではないことは他のテキストを読んでもらえばわかると思います。


「いしだ」は良い旅館と思っています。これは間違いありません。
ところが今回「これは無いでしょ」と言う事が次々と起こったのでした。


先ずはジャブです! ウエルカムドリンクで差別!!!

「いしだ」では到着直後にロビーで出すウェルカムドリンクを、常連と一般客に差をつけるのです。

一般客は、シャンペン、ハーブティ、柚子茶から選択するように言われます。
しかし隣の席を見ると抹茶を飲んでいるのです。
なんで選択外の抹茶をいただいているんですかと尋ねると
仲居がはっきりと「あちらは常連様ですので」としれーと言うのです。
びっくり。
                         写真は柚子茶である。



別にどうしても抹茶が飲みたいわけではないのですが、その言い方は無いんじゃないですか。
常連さんだけ特別待遇にしたいなら部屋に行ってからやってもらいたいです。
みんなの前でしないで下さい! 

そして抹茶を希望する客には文句を言わずに出したらいかがですか。 あるんでしょ、そこにいくらでも。

数年前に泊まったうちの母はその一点で「二度と「いしだ」には行かない・行くな」と宣言していました。
すごい逆口コミ効果ですよ。
うちのおしゃべりばあさんは、このことをみんなに喋りまくっているんですよね。
「いしだ」にとってたった抹茶一杯のことで、すっごいマイナスになったと思うのですが・・・
なぜなら、かなりの人の行くのをやめさせていたから。

その母の言いつけを守らず来たら今回の仕打ちですわ・・・  罰が当たったか  あっちゃー!


ちなみに ハーブティも、柚子茶も はっきり言っておいしくありません。






部屋の風呂の湯の中がゴミだらけ! 何じゃこれ! 気持ち悪い不思議な浮遊物がクラゲのように漂っているじゃないか!!!


部屋は「福部の神」。たぶん「いしだ」ではけっこういいほうの部屋のはずです。
玄関にも床の間があり、本間12畳、次の間8畳、こたつ部屋、化粧の間に床暖房のトイレ、洗面所、ベランダ、そして温泉給湯の半露天風呂が鎮座しています。
何も起こらなかったら、最高の部屋で最高のテンションの2日を過ごすところでしたねーぇ。


ところが、楽しみにしていた部屋の温泉給湯のその「湯」の中に何かもやもやしたものが浮かんでいるのです。本当にクラゲみたいにね。
絶対に湯の花ではない。
髪の毛も浮いているし。
ゴミが逆流したか、パイプの付着物が剥がれたのか。
掃除が行き届いてない、と言ったレベルの汚れではない。


写真をクリックすると拡大されるので分かると思いますよ。
湯の中の灰色に見えるヤツです。手前のは底にたまった沈殿物です。
何じゃこれっ!!! 気持ち悪うー! でしょ。

すぐに電話してその旨を告げました。

ところが待てど暮らせども誰も来ない。もう一度催促の電話をする。 何ですぐ来ないの! 裸のまま電話をしているので風邪を引いてしまうでしょ!

しぶしぶ、「どーしましたかー」と作務衣を着た男女がやってきて風呂を見に行く。
怪訝そうに風呂桶を眺めているので、底に溜まった「のり」か「コケ」かスライムような「未確認物体」のゴミを指差して、「いったいこれは何なんですか?」と言うと初めて変な物体があることを理解したようでした。

ちょっとの間 何かをしてたようですが、そのうち何も言わずに出て行ってしまいました。

しばらくの時間が過ぎ、何も連絡が来ないので「どうなっているんですか?」とまたこちらから電話をするとはじめて「今対応をしています」との返事。

掃除が終わりました とか、申し訳ありませんでした とか、何々いたしました とか、何も無い。その間放って置かれているのである。


またしばらくすると、作務衣を着た女性がやってきて、「お部屋替わりますかぁ?」と半ばため口で言うのである。"仕方ないので部屋変えてあげるわ"って感じが伝わって来ます。
 
面倒なんで、まぁいいかとも思ったけれど、あんな風呂に入る気もしなかったので、替わることにしたのです。

次の部屋は「釣狐」という部屋です。風呂だけは前の部屋より広いが、部屋全体に古く、狭い。何より感じが暗いんですね。

しまったー 陰気な部屋にされたちまった。替わらなきゃよかったー。


その後は、何事も無かったように、お詫びの言葉も無いし、もちろん女将も、支配人も来ない。





別に食事のことなんか書くつもりは無かったんですが、ちょっと気になる事があったので。
                                 写真は前回宿泊したときのもの


まぁどうでもいいことですけど、
熱燗を頼んだらいわゆる普通のお調子と杯が出てきてのです。
以前泊まった時は、熱燗が温泉の入った桶に漬かって出てきたので「今回はそういうふうにはなってないんですね」と尋ねると、
その答えの「お客様がいっぱいで桶がなくなりました」はペケでしょう。
6時からという最初の時間帯の食事で、もう出払っているは、いかにも苦しいですよ。


それと、このレベルの旅館でこの宿賃を取っておいて新聞が無かったのは初めてですね。



もう一つ。言い出すと止まりませんね。
朝ごはんが昨年の7月頃から変わってしまっていたのですが、絶対前の方がよかったと思います。
31皿料理と言う、小皿に少しずつオカズが盛られているタイプなんですけど、
旅館の朝飯の醍醐味は、こういう奇をてらったものではないと思うのです。

熱い味噌汁にホクホクの銀シャリ。焼きたての干物に熱々の卵焼き。
亀の井別荘の熱々の卵焼きが忘れられないなぁ。
目の前で焼いたような卵焼きだったよ。
しかも、我々の部屋は離れなのにね。
板場から遠い部屋にどうしてあんな熱々の卵焼きが出せたのか未だに謎であります。うまかったーーー。



チェックアウト前にもう一言。


最後に、やっと支配人が飛んできて、言うのに驚いた。

「風呂が汚れていたそうで迷惑かけました。でも湯の花をゴミと間違える客もいらっしゃるんですよ」と。何をいまさら言ってんだか。従業員から報告を受けてないのか。あんたは。

支配人の口からいきなり「湯の花が・・・」と切り出されるとはね。
アレが湯の花のレベルですかぁ。
いい加減にしてくださいよ。
掃除をしていった若い衆からどんな状態だったか聞いてないんですか。

いったいどーしちまったんだ「いしだ」さん。
そんな旅館とは思ってなかったっすよ。



替わった後の部屋のひのき風呂の掃除もはっきり言って甘かったです。
もっとごしごし磨かないといけないでしょう。
湯のぬるぬる感と掃除が足りないぬるぬるとを一緒にしないで下さい。




あんな嫌な思いをしたのに、かなーり高い宿泊料を支払いました。
すっごく期待していただけに残念で仕方が無い。
不愉快な2日間でした。金とともに時間を返してほしいわ。
強羅花壇か鬼の棲にすりゃあよかった。
選択する時に同じような金額でネットにでてました。



あの伊豆長岡の三養荘が4万ちょいで泊まれる昨今、いいのかなぁこれで・・


どお思います、皆さん!






スポンサーサイト

温泉大好き!旅館ランキング!



<<熊本~大分 その15 別府・堀田温泉 夢幻の里 | ホームへ | 熊本~大分 その14 湯平温泉 中央湯温(砂湯)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wendylandy.blog94.fc2.com/tb.php/157-ae290089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。