FC2ブログ


タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉大好き!旅館ランキング!



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

湯河原温泉 「藤田屋」

2007.11.29(00:55) 198

神奈川県 湯河原温泉 「藤田屋」
                                              2007年11月24日

SAM
湯河原の明治15年創業の老舗旅館「藤田屋」である。
威風堂々とした玄関を残した数寄屋造りの建物は圧倒的な存在感で我々を迎える。
エントランスのロータリーの築山にある松も歴史の深さを物語っている。
文人墨客の客も多かったようで東郷元帥も贔屓だったとか。


最近のデザイナーズ旅館に感じる「尻がくすぐったい」感じがしない。(?)
コレが歴史の重みか、落ち着くのである。

道路を挟んで地下源泉が噴出す塔が立っている。
このあたりは源泉があちこちに見られる。湯が豊富だ。




建物は古き歴史を物語る旧館をそっくり残したまま、その後に新館がくっついている。
旧館は、部屋に風呂が無い部屋4室。トイレの無い部屋も5室ある。
いわゆる昔の映画に出てくるような座敷である。

新館の客室は3階部分にひろがる。
和室半露天風呂付が2室、 和室露天風呂付が1室、和室バス・トイレ付が5室ある。
新館3階へはエレベーターでいける。




部 屋


ROKO
そして私たちの部屋は新館3階バストイレつきの部屋「千草」でした。
新館と言えども若干のフルさは感じさせるわ。だけど、広くてカチッとした設えね。
落ち着けていいわよ。


窓からの景色もなかなかの温泉情緒でこれもグッドね。




風 呂


SAM
大浴場は、内風呂と露天風呂が各1しかない。そのため数時間毎に入れ替えとなる。
露天風呂の場合
  午後3時から5時まで女性
  午後5時から8時まで男性
  午後8時から11時まで女性
  翌朝6時から8時まで女性
  午前8時から10時まで男性 である。なんか女性が優先みたいだぞ。

ROKO
いいじゃないの。最近は女性客のほうが多いのよ。きっと。
それと、露天風呂は夜11時までだけど、大浴場は夜中入れるけど、11時過ぎは誰が入ってもいいのよ。
ということは「混浴」になるってことなのね。
すごーいでしょ。 若いカップルなんかチャレンジしちゃいそうよね。

SAM
先ずは内風呂大浴場「望の湯」である。


で、この風呂が、足を踏み入れた瞬間に「いい」と感じさせるんだな。
なぜそう感じさせるのか。うーーーん。
色んな風呂に入ってきたが、ツボが押さえてあるというのか。

真ん中にやや深めな円形の湯船があるだけだ。
しかし、天井は高く、湯は滾々と流れ、石の足ざわりが心地よく、湯が優しい。

期待以上であった。と言うか期待はしていなかっただけにうれしい誤算だ。

ただ、
加水、循環、消毒有と明示してあるが、感じさせないレベルである。


そしてこれが露天風呂「漱石の湯」である。ここも同じく源泉100%掛け流しではない。


またこの露天風呂もうまく作ってある。
囲われた狭い空間を上手に工夫してある。
石の感じも良く、なにより湯が綺麗に見えるのが最大のポイントか。

もう一ついいなと思ったのが、湯船に続く道の両側に洗い場が設置されているので、
先ずそこで洗ってから風呂へ向かう事になる。
上手い考えだ。



そして貸し切り風呂が2箇所ある。
こちらは加水のみで源泉掛け流しである。
これがひのき作りの「桧の湯」。


優しい湯が優しい風呂桶に溢れちょー気持ち良い。
予約制だが、夜中と次の朝は空いていれば入られる。


そしてこっちが「藤の湯」である。
タイル作りであるが湯は気持ちよく掛け流されている。
夜中や朝暇だったんで2つの貸し切り風呂に何回も入りに来たぜ
ナンセ 湯がいいんで最高さ。



最後にこれが部屋の風呂だ。
新しく作った割には残念な事にユニットバスだ。
作った時期が、部屋に充実した風呂を作る機運の前だったんだな。
ただ天井が天窓になっていて開ける事ができるので、開放感はある。
ここも加水のみの温泉である。




夕 食


ROKO
派手さは無いけど1品1品はおいしかったわ。
でもズワイガニはいかがなものかしら・・・
全体的に味は濃い目。
お造りはさすが相模湾の恵みね。ボタン海老にサザエ。白身赤身。どれもおいしかった。
海老芋もグッド。ってとこかしら。

デザートを待たずにお風呂へ行って帰ってきたらデザートとお茶にラップをかけてさり気なく置いてあった。いい気配りね。

   



   



   



   


                   
   



   



   



   



   



朝 食



 
さすが干物はおいしい。
湯豆腐もおいしい。

全体的に素晴らしい「The 旅館の朝食」でした。


その他

 
部屋でのチェックイン・チェックアウトはいいわ。

旅館に着いたとき、私はロビーでのウエルカムドリンクは必要ない派なので、早く部屋へ行きたいわ。
だからチェックイン作業は部屋でやってくれるのはうれしい。
そして、落ち着いてから部屋でおいしいお茶を戴きたいわ。

帰りも、フロントでバタバタしなくていいのでグッドよ。



これら全て仲居さんが対応してくれる。

コーヒーを部屋まで持ってきてくれたり、
何かにつけ、押し付けがましくない対応がうれしい。が、やる事はきっちりやってくれるのね。
スポンサーサイト

温泉大好き!旅館ランキング!



<<第11湯 鹿児島県 平川温泉「平川温泉」 | ホームへ | 第6湯 吹上温泉 「吹上露天の湯」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wendylandy.blog94.fc2.com/tb.php/198-a4e7aa14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。