FC2ブログ


タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉大好き!旅館ランキング!



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

日帰     金谷旅館 河内温泉

2008.08.17(09:51) 9

伊豆半島ってデカイと、改めて思ったね。
特にお盆のシーズンに行くものではないっすね。
沼津インターから三島を抜けて伊豆中央道に入るまでの渋滞はいつもの事なんだけど、
なんと中央道に入ってからも渋滞なんだよ。参っちゃった。
下田は伊豆半島の最南端。たどり着くまでにへろへろになっちまいました。

金谷旅館  伊豆下田河内温泉 

さて、蓮台寺温泉街は下田市街地から10分ほど。わりと近くだぜ。
でも看板を見ると蓮台寺温泉じゃなく河内温泉となっている。
蓮台寺駅すぐなのに・・?? 蓮台寺温泉街にあるのに河内温泉・・?。

さてさて、千人風呂で有名な「金谷旅館」です!!。
本や雑誌でよく見るよね、ここ。
緑の山をバックに130年以上の歴史を持つ一軒宿であるんそうな。


確かにまぁこりゃ かなりレトロですわ。 うーん、ぼっこいというか・・

   


玄関を掃除していたおばちゃんに
1000円(けっこう高い!)支払い 
お風呂へ進みます。
帳場も廊下も歴史を感じさせいい感じです。

   



【 日本一の総檜大浴場『千人風呂』 】



千人風呂はドーム状の天井をもつ縦長の風呂であった。
平成15年に総ひのき張りに替えたのでそれまでの「日本一の木造風呂」を「日本一の総檜大浴場」とキャッチコピーを変えたそうだ。
長さは15メーターくらいだろうか。プールのようである。
入り口に一番近いところで源泉が入り、そのまま長辺を流れて行き排出するみたい。
だからじょじょに湯温が下がっていく。
写真の右側が水深が1メーターほどある。
泳げる。
右の一番奥に別槽があり、ぬるい湯が張ってある。なぜぬるい?

    


混浴で、湯船に直結の女性専用の入り口がある。
男性側からは鍵がかかっており、女性は鍵を開けて入ってくる。
女性は大変ですね。
湯船の中にブロンズ像が何体かある。なぜでしょう?

【 『露天風呂』 】



千人風呂の一番下流の湯船の中から階段があり、登りながら木の扉を開けると露天風呂が現れる。
小っちゃー!


【 『湯上り休憩所』 】



自動販売機がある腰掛の休憩所と和室の休憩所がある。
畳みの休憩所は思いのほか涼やかな風が通り、窓からの景色も素晴らしい。
180円のペットボトルのお茶が玉露に感じるひと時でした。



河内温泉・金谷旅館はここだ!!(地図)

詳しい地図で見る
スポンサーサイト

温泉大好き!旅館ランキング!



<<共浴     滝の湯 山田温泉 | ホームへ | 日帰     後生掛温泉 >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wendylandy.blog94.fc2.com/tb.php/9-8f78ffc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。